ふぅの遠吠え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
    --:-- | Top

ニノが教科書に載っているらしい。

とあるところで、大学の英語の教科書にニノのことが書いてある
と話題になっていたので、調べてみましたよ…。



確かにありました!

載っているのは朝日出版社の
ニュースメディアの英語―2008年度版―
English through the News Media-2008Edition-
宮本倫好+伊藤典子+Richard Powell

Unit 1 のタイトルが…

Ninomiya anything but cute idol in 'Letters'
映画の二宮和也は かわいいアイドル
-イーストウッド監督:無名のポップスター起用-

…!
まじですかっ!!



しかもこの本文は、
The Los Angels Times/ The Japan Times, February 3, 2007
が引用元と記載されています…。

気になる中身は…
なんと、朝日出版社のサイトから、演習&解説本の方の
サンプルページが見られるんですが、まんまニノちゃん関連のとこが
ダウンロードできちゃいます。

んで、本文はというと…ざっと日本語に訳すとこんな感じ…。
(多少間違っているかも…気にしないでね!)



映画の二宮和也は かわいいアイドル
-イーストウッド監督:無名のポップスター起用-

二宮和也のその顔は汚れを知らない、本当にはかなげな
無垢の磁器の石版のようであり
クリント・イーストウッド監督は
「硫黄島からの手紙」において、その上に、戦争による犠牲の心理的側面を描いた。

二宮の演じる西郷は、硫黄島における決死の攻防に徴兵された
政治に関心のないパン屋であり、上官や天皇のためにではなく、
自分の妻とまだ幼い娘のために生きて島から帰るためだけに戦う。

彼の目を通して、私たちは戦争、皮肉、恐怖、憎悪、
そして哀れみを見る。アメリカの観客には無名の俳優でありながら
彼は、イーストウッドが描く庶民として完璧である。

しかし、二宮は日本ではメガスター(mega-star…ビッグスター以上?)
であり、その顔を見たことのない人はいない。
この小さくほっそりした23歳は、14歳から働いているのだ。
映画、テレビで。舞台で。そして、日本で最も人気のあるアイドルグループ
アラシ(嵐…Storm)の歌手、ダンサー、でもある。
日本人はこの嵐というアイドルグループを愛している

二宮はテレビCMにも出演する。
ラジオ番組も持っているし、大衆雑誌の常連でもある。
この子は働くのが好きなのだ。

最初の上映では、何人もの若い女性が涙を流していたが、
それが西郷の物語に涙したからなのか、二宮自身が共演者とともに
ステージ上に現れ、拍手の後に、お辞儀をしたことへの興奮からなのか
そのどちらなのかは、わからなかった。

創造性というものは普通、日本の芸能界で成功するのに必要なスキルの
リストにおいて、上位にくるものではない。
そこでは、カワイさが最も重要である。

二宮はジャニーズという、1963年にカリフォルニア生まれの
ジャニー・キタガワが創設した芸能事務所の産物である。
彼は、特別にカワイイ男の子によるアイドル産業をプロデュースしてきた。

彼のタレント事務所である「ジャニーズ」は、日本の芸能界において
大きな力をふるっている。キタガワによるアイドルグループは、
1968年のフォー・リーヴスにはじまり、今日のSMAPや嵐のように
キャーキャーという叫び声を引き起こす、ただ歌うだけじゃない
タレントたちまで、着実な流れで続いている。

オーディションを受ける何千人もの10代の少年たちから選ばれた
アイドルは、キタガワにより、スターの座への準備の一環として
ダンス、演技、そしてTVでどのように自分を見せるかについて
訓練される。

彼は、新人たちをテレビに登場させるてこにするために、
すでに確固たる人気を築いているスターを利用する。
これは、人気タレントを渇望する放送界を支配する力になり、
商業的に成功する力になるだけでなく、ジャニーズは保育器と
いうよりは生産工場であるということを暗示する。

それにもかかわらず、二宮はアイドル界の鋳型にはめこんだような
没個性のカワイ子ちゃんたちとは違うという

彼は、歌うよりも先に演技を経験しており、14歳でテレビではなく
舞台「スタンド・バイ・ミー」でデビューしている。
彼はリバー・フェニックスが演じた役を演じた。

舞台監督であったリエコ・ミヤモトは、
「彼の演技には真の個性がある。彼は、口もとと目で演技ができる
と語っている。

二宮は、イーストウッド監督が「硫黄島からの手紙」のために
日本人俳優たちに出演の呼びかけをしたときの、多くの候補者の
うちの一人であった。
彼の才能に加え、制作側は、二宮の日本のポップスターとしての
オーラが、若い観客を映画のチケット売り場に引き寄せるだろうと
計算していた。

その作戦は成功した。
もっとも、ワーナー・ブラザーズによる出口調査の数字はいまだに
日本人観客の大部分が30代後半から50代前半であることを示しているが。




ここまでが、本文!

となると、演習問題は当然ニノのジャニーズのことになるわけで…
かなり面白いことが起こっちゃっています。
他にも松坂とか赤ちゃんポストなんかが取り上げられているんだけど…。

大学の英語の時間にこんな本文読まされたら…
にやけてにやけて、しょうがないだろうなぁ。

あぁ~、疲れた!!!!!!



拍手する
    02:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://drarashi.blog96.fc2.com/tb.php/34-f0821577
今日のひとこと。
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
たどたどしい嵐ファン。
帰宅が遅いためリアルタイムで番組が見られず慢性的に嵐欠乏症気味。自己満ブログのうえ、有用な情報提供も特にない残念さが否めませんが、コメント大歓迎ですー。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
バロメーター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。